川越散歩。菓子屋横丁で芋けんぴを食べ歩き。いちのやのうなぎも旨い!

関東への家族旅行の最終日、川越に立ち寄りました。

小江戸と呼ばれるだけあって、風情のある街並みがとっても素敵。

のんびり散歩するだけで楽しい、1日だけじゃもったいない、また是非訪れたいと感じる場所でした!

川越一番街をブラブラお散歩。

川越のメイン通り、一番街をぶらぶら歩きました。

浴衣で歩く人もチラホラ。

いろんなお店があって目移りしてしまうほど。

レトロな建物が並んでいて、懐かしい雰囲気の街並みにワクワクしてしまいました。

川越一番街のシンボルともいえる「時の鐘」。

毎日6時、12時、15時、18時に鳴るのだそう。

この時の鐘の音は、「残したい日本の音風景百選」に選ばれているんですって。

今回鐘の音を聞くことは出来ませんでしたが、また来ることがあれば是非聞いてみたいですね。

 

町の中にはレトロなバスも走っていました。

建物だけでなくバスまで雰囲気があっていいですね~。

月曜は休みの店もチラホラ。菓子屋横丁は土日がおすすめ

子供たちが楽しみにしていた菓子屋横丁へ。

向かう途中、巨大なペンギンとパンダに遭遇!

 

菓子屋横丁のマップを発見。

駄菓子、焼き団子、飴におせんべい…子供と一緒に大人もワクワクします♪

 

この日は月曜日。

知らなかったのですが、月曜日が定休日のお店が多いらしく、お休みの店がけっこうありました…。

 

開いているお店の方に聞いたら、月曜日でなくても、平日はお休みするお店も多いそうです。

菓子屋横丁へ行くなら月曜は避けて、できれば土日がおすすめです(汗)。

右門の揚げたて芋けんぴを食べ歩き。

月曜日でも空いてるお店はあります!!

こちらは川越名物の「いも恋」で知られる「菓匠右門」の芋けんぴ工房。

揚げたての芋けんぴを食べ歩きすることができます。

もちろんお土産用の商品も置いてあります。

 

芋けんぴ好きの夫の希望で、「川越けんぴ」の食べ歩き用を購入。

値段は300円位だったと思います。

私は芋けんぴはそれほど好きではないのですが、まだほんのり温かくて程よい甘さで美味しかったですよ。

菓匠右門 川越けんぴ工房直売店
住所 : 〒350-0062 埼玉県川越市元町2丁目9-3
TEL : 049-223-2323
営業時間 : AM10:00~PM5:00
定休日 : なし(年末年始はお休み)

 

江戸屋さんで駄菓子を購入。量り売りは楽しい!

駄菓子を買いに、江戸屋さんへ。

色んな駄菓子屋さんを見て回りましたが、菓子屋横丁で一番の品ぞろえじゃないでしょうか。

 

飴やラムネなどの量り売りもありました。

カラフルで眺めているだけで楽しい!

 

袋やボトルに入れて購入することができます。

お菓子とは別に小さなおもちゃの量り売りもありましたよ。

我が家の子供たちは悩んだ挙句、結局量り売りは購入せず、普通の駄菓子を買っていました。

 

江戸屋 川越店

住所 :埼玉県川越市元町2-7-1

TEL : 049-223-0602

営業時間 :9:30~18:00

定休日 :無休

いちのやでうなぎに舌鼓。待ち時間は?

昼食は有名店の「いちのや」さんで名物のうなぎを食べました。

せっかく川越に来たのだから…と奮発しました(笑)。

 

開店する11時ごろに到着したのですが、すでに待っている人が20~30人位はいたんじゃないでしょうか。

あまりの人に驚きましたが、案内の方が「順番にご案内しますから大丈夫ですよ~」というので待つことに。

でも席に案内されるまで30分位かかりました。

全部で300席もあるらしいのですが、1組1組丁寧に順番に席まで案内してくれるので、時間がかかるようです。

開店前から並んだ方がスムーズかもしれませんね。

 

チビ2人はうな丼を。

 

私と長男はうな重の「松」。

 

夫はうな重の「菊」を注文。

たれは甘さ控えめで、ふっくらとしてとろけるように柔らかいうなぎで、大変おいしく頂きました。

旅行ならではのご馳走に子供たちも大満足でしたが…

こんな贅沢、毎回あると思うなよ!!

川越いちのや

住所:埼玉県川越市松江町1-18-10

TEL:049-222-0354

営業時間:11:00~21:00(年中無休)

 

旅行の最終日だったため長居は出来ませんでしたが、今度来るときは2,3日かけてゆっくり歩いてみたい、そんな町でした(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です