【体験談】里親サイトを利用してグレー白の保護猫の里親になりました。

タイトルの通り、我が家に子猫を迎えました。

子供たちからずっと「猫を飼いたい!」とせがまれていたのですが、生き物を飼うって責任重大…という思いもあり、なかなか決心がつかず先延ばしにしていました…。

が、やっと決心がつき、里親サイトを利用して無事お迎えすることができました。

心配事もいろいろあったけど、毎日本当に楽しい!

幸せいっぱい♪

というわけで今回は里親サイトで子猫を迎えた体験談をご紹介していこうと思います。

  • 里親サイトで猫を迎える方法や流れ
  • 費用はどれくらいかかるのか
  • 里親になるのって面倒じゃないの?

などについて知りたい方は是非ご覧くださいませ。

 

ペットショップもブリーダーも高い…!里親サイトで探すことに

私の希望は、白+薄いカラーの猫さん。

できればグレー白かパステルカラーの三毛さんがいいな~と思っていました。

ネコさんはみ~んなかわいいんですけど、昔実家で飼っていた猫さんはキジ白とか茶白だったので、今まで飼ったことのないカラーの子を飼ってみたくて。

グレーやパステル三毛の猫さんってペットショップだと割といっぱいいるんですよね。

でも高い!

20万とか30万とか…!

ブリーダーサイトも見ましたが、ペットショップほどじゃないけどやっぱり高い…。

で、あきらめて里親サイトで猫さんを探すことにしたのです。

 

私が利用したのは、ペットのおうちという里親サイト。

里親サイトだと薄いカラーの猫さんはあんまりいません。

でも、春から夏にかけては子猫がたくさん生まれる時期なので、毎日里親サイトをチェックしていたらチョコチョコみつかるのですが…

倍率が高いです。

うすいカラーの猫さんは人気なので、応募してもなかなか里親に選んでもらえなかったりします。

我が家でも最初に応募した猫さんはお断りされてしまいました。

そんな感じだったので、うすいカラーにこだわる必要もないかな…と思っていた時、

出会ってしまいました!

グレー白の超かわいい猫さんに…!!

ひとめぼれってやつです(笑)。

でもすでに数人の方が応募されていて、人気の様子。

なんか、無理そう…。

でもまあ、応募するのはタダだし、万が一ってこともあるし、ダメ元で応募してみたのでした。

猫の里親になるのは面倒?条件は厳しい?

ペットのおうちでは、

  • ペットの飼育経験
  • 住宅環境(戸建てかマンションか・持ち家か賃貸かなど)
  • 家族構成
  • 先住ペットの有無
  • ペットの留守番の平均時間や病気になった時の対応方法
  • 自宅訪問可能か
  • 希望動機や終生飼育の意思

などをくわしく記載して応募する必要があります。

簡単にポチっとするだけで応募はできません。

きちんと責任をもって飼う気持ちがあるのか?をチェックされるわけですね。

なので、丁寧かつ嘘いつわりなく記載しました。

どーか選んでもらえますように…と祈りながら(笑)。

その後は募集者さんとメールでやりとりし、里親にふさわしいと判断してもらえれば里親になれるのですが…。

 

募集者さんが猫の保護活動をなさっているボランティアさんということもあり、

  • 家の中(玄関や窓・部屋)の写真をメールで送る
  • ケージを用意する
  • 窓や玄関の脱走防止対策(柵などの設置)をする
  • たまに近況報告をする
  • 予防接種・否認去勢手術の証明書の写真を送る

などなどの条件もありました。

また、譲渡の際には譲渡契約書を取り交わすようになります。

気軽に猫を飼いたいと思っている方だと、条件が厳しいと思うかもしれません。

ですが、それだけ無責任に飼う人や里親詐欺が多いってことなんでしょうね…。

 

ただ、譲渡の条件は募集者さんによってまちまちなので、特別な条件がない&ゆるい募集者さんも結構いらっしゃいます。

もし面倒…と感じるのでしたら、そういった募集者さんから譲り受けるのがいいんじゃないかと思います。

私も正直、そこまでしないと里親になれないのか~…とすこし戸惑う気持ちがありました。

でも一目ぼれした猫さんを迎えるためには必要なことだと思ったので、そりゃもう絶対やります~!!って感じでお返事したのです。

 

すると数日後、ぜひ我が家にお迎えしてほしいとの連絡が…!!!

かなり倍率が高かったこともあり、ダメ元だと思っていたので本当に嬉しかったですね~。

里親サイトから子猫を迎える際の費用は?お礼は必要?

我が家の場合は特に費用はかかりませんでしたが、ワクチンや検査などの費用を要求されることもあります。

だいたい5000円~1万円くらいが多いかな?

避妊・去勢手術済みだったり、病気の治療済みだった場合はもっと費用がかかることもあるようですが、それでも2,3万程度。

なので、ペットショップで購入するよりかなり安価でお迎えできます。

 

我が家では費用は請求されませんでしたが、自費で猫の保護活動をしている方だったので、お礼として1万円とちょっとしたお菓子をお渡ししました。

お礼は必ず必要なわけではありませんが、保護団体やボランティアさんは活動のための費用はいくらあっても足りないくらいなので、気持ち程度でもお礼をすると喜ばれますよ♪

 

というわけで…。

じゃ~ん!

我が家にやってきた子猫ちゃんです!

生後2カ月くらいの男の子♪

超イケメンです!

名前は「ナンナン」にしました。

 

初日はビビりまくりで、こんな風にトイレにこもって出てこなかったのですが…

 

3日後にはすっかり慣れて、おなか丸出しで寝るように(笑)

わんぱくで甘えん坊、ガブもガリもしない優しい子。

元気にすくすく育ってほしいです!

超簡単!猫用誕生日ごはんケーキを手作りしました!

里親になったその後…嫌な思いはしないか?という疑問について

最後に…

保護団体やボランティアさんから猫を譲渡された場合、定期的に連絡しなきゃダメとか、上から目線でいろいろ言われたりと嫌な思いをした、なんて話も聞きますが…。

我が家の場合、にゃんこさんを迎えてからすでに2カ月たってますが、嫌な思いをしたことは1回もないです。

近況報告をするように言われてはいましたが、負担のない範囲で構わないとのことだったので、

  • お迎えの数日後
  • 1回目と2回目の予防接種後

の3回だけしか連絡していません。

それで文句を言われることもないですし、いちいち連絡が来る…なんてこともありません。

なので、今後も去勢手術のあとと、1歳になったころに連絡するだけ、のつもりです。

 

結局のところ相手次第ということになりますが、メールや電話でやり取りしている中で人となりが伝わってくると思うので、そこで判断できるんじゃないかな~と思います。

もしわからないことがあったら質問をして、不安を解消しておくとトラブルは起きにくいと思います。

我が家の場合は、気持ちの良いお取引で猫さんを迎えられたので、とてもラッキーでした。

里親サイトも悪くないですよ

里親サイトなら高額な費用をかけずに可愛い猫さんを家族にできますよ。

我が家ではほとんど費用がかからなかったおかげで、猫さんグッズにお金をまわすことができました。

血統書付きじゃないと!という方にはおすすめしませんが、かわいくて健康な猫さんを迎えるなら里親サイトも検討されるとよいのではないかと思います。

こまめにチェックしていると、これだ!という猫さんに出会えますよ。

参考になりますように♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です